むし歯予防とシーラント


 シーラント?
奥歯の溝は深くくぼんでいて、大変むし歯になりやすい部分です。
特に生えて間もない永久歯は、歯の質も未熟で油断をするとすぐむし歯になってしまいます。
シーラントとは、生えて間もない奥歯の溝を一時的に塞ぐことで、むし歯を予防する方法です。
歯磨きでは十分にきれいにする事が難しい奥歯の溝にシーラント材を流し込む事によって、 プラークや食べかすが奥歯の溝に入り込まないようにし、奥歯の溝からむし歯が発生進行することを予防します。
  


 シーラントをしたあとの注意?
シーラントをしたからといって、むし歯にならないわけではありません。
しっかり歯磨きをしなければ、歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間からむし歯になっ てしまいます。
また、シーラントは優れたむし歯の予防方法ですが、歯を削ってつめるものと違い、永久的にその効果を発揮するものではありません。
シーラントの一部が欠けたり、取れたりすると、その部分からむし歯になりやすくなります。
そのため、定期的に受診し、シーラントの状態をチェックしてもらうことが大切です。